専業メーカーだからこそ実現できる
低コスト化と徹底した品質管理。

設立以来、ヒューズ一筋に

太平洋精工(PEC)は設立以来、その技術・ノウハウを自動車用ヒューズだけに注いできました。専業メーカーとして一途に技術向上に努めてきたことで、お客様から信頼をいただくこととなり、今では年間14億本もの自動車用ヒューズを生産するまでに成長しました。2015年3月には、累計生産300億本を達成。世界的なクルマ需要の拡大に伴い、その数は加速度的に増えています。

緊密な社内連携でニーズに応える

製品の低コスト化を実現するために、生産体制の合理化を徹底しています。生産ラインはすべてフルオートマチック。つねに最先端の設備を整えています。これにより、性能のばらつきを最小限に抑え、製品の信頼性を確保しています。

設計部門と製造部門、生産管理部門のスムーズな連携もヒューズ事業部の大きな特色です。製品化を図る上での工夫・改善点や、製造上の問題点を共有し、より理想的な製造ラインを構築、お客様のニーズに適確かつ迅速にお応えしています。

近年は特に、車種ごとの専用ヒューズの設計・開発の受注が増加しています。ヒューズのトレンドが少品種大量生産から多品種少量生産へと移りつつあるのを受け、研究開発部門も巻き込んで、理想的な製法、ラインの構築による高効率なものづくりに取り組んでいます。

国際規格認定工場

自動車用ヒューズは、ユーザーの命を守る重要な部品であり、それだけに品質に妥協は許されません。PECでは、自動車業界向け品質マネジメントシステムの国際規格であるISO/TS16949(一部ISO9001)の認証を取得。生産ラインのすべてに自動検査システムを組み込み、24時間体制で監視しています。また、試験所の能力評価の国際規格ISO/IEC17025の認定を受け、過酷な使用環境を想定した各種耐久試験、性能検査を行っています。

自動車用ヒューズ