自動車用ヒューズのリーディングメーカーとして、
高品質・高信頼の開発技術で応え続けます。

太平洋精工(PEC)は自動車用ヒューズの専門メーカーとして、50年以上にわたり開発と製造に取り組んできました。創業当時、大きなニーズが望まれたガラス管ヒューズの自動製造機械を自社開発して以来、耐久性に優れた小型・軽量のオートヒューズ、高電流においても切れにくいスローブローヒューズ、次世代の自動車技術に対応するEVヒューズなど、時代に先駆けて多様な自動車用ヒューズを世に送り出してきました。その結果、現在ではPECのヒューズの国内シェアは91%、世界でも48%を占め、世界のトップブランドとなっています。ハイブリッドカーや電気自動車、自動運転技術など、ますますエレクトロニクス化が進む自動車産業を支える多様なヒューズ製品を作り続けます。

BFLP/Blade Fuse:ブレードヒューズ

PECが早くから開発・製造を手がけてきた小型・軽量のブレードヒューズ。現在、世界の自動車メーカーで最も使用されている世界標準の自動車用ヒューズになっています。

SBF/Slow Blow Fuse:スローブローヒューズ

PECが独自に開発した、高電圧の負荷がかかってもすぐに切れないスローブローヒューズ。自動車専用ヒューズの安全性と信頼性を飛躍的に高め、多様なニーズに応えています。スローブローヒューズは現在、世界13ヵ国で特許を出願し、世界シェアで50%を占めています。

MUSB/Multi Slow Blow Fuse:マルチスローブローヒューズ

多回路をトータルで小型化したいというニーズに、PECが独自の技術で開発・製造した多極スローブローヒューズ。さらに多様化・複雑化する自動車の回路設計に応えます。

EV/EV Fuse:EVヒューズ

ハイブリッドカーや電気自動車のニーズに対応する高電圧回路用自動車ヒューズ。PECが開発したEVヒューズは、国内はもとより世界の自動車メーカーにも採用され、現在も改良が重ねられ次世代ヒューズの世界標準となっています。

自動車用ヒューズ