I'm Colorful人を知る

個性と創造力にあふれたPECの社員。
そんなカラフルクリエーターを紹介します。

We are Colorful Creators!
個性と創造力にあふれたPEC社員。そんなカラフルクリエイターを紹介します。

製品をみんなと一緒に“作り上げる”仕事製品をみんなと一緒に“作り上げる”仕事
製品をみんなと一緒に
“作り上げる”仕事
伊藤里恵
営業部門 営業部 営業課 営業係
名古屋外国語大学 現代国際学部 現代英語学科卒業。2007年入社。
営業職として国内のメーカーや営業所などを飛び回る日々。
休日にはゴルフに熱中している。
お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役
お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役

営業として国内のハーネスメーカーさんにヒューズを納入しています。担当しているのはマルチスローブローヒューズ。クルマのボンネットを開けると中にある物ですが、実を言えばこの会社に入るまで、どんなものかわかりませんでした(笑)。そんな状態でしたので、営業といっても最初のうちは設計の人と一緒にお客様のところへ行っても言葉もわからず、隣でメモをとることだけで精一杯でした。
マルチスローブローヒューズは車種ごとにほぼ専用で設計するので、お客様の希望を聞きながら詳細を決めていきます。ですから、営業だけで決められることはほとんどありません。お客様から「このくらいの性能で、このくらい小型・軽量で、このくらいの納期で」というご希望をお聞きして、持ち帰って設計や製造の人たちと調整します。お客様の希望を100パーセント叶えられれば理想ですが、コストや性能やキャパの関係上なかなかそうも行きません。妥協点を探りながら、可能なかぎり良い物を納入することを毎回意識しています。注文をいただくごとに新たなプロジェクトがスタートして、そのプロジェクト全体のコーディネート役を任されています。大変ですがその分やりがいを感じています。

お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役
物づくりの現場に立つことを大切に

コーディネート役を果たす上で大切なのは、設計や製造の人たちとのコミュニケーションです。時間があれば現場に足を運んで、雑談も交えながらできるだけ現場の人たちと話をする。そうやって信頼関係が作れれば、プロジェクトはうまく進みますし、私も製品についての知識を深めることができます。
今、担当しているマルチスローブローヒューズについては、だいぶ知識も深まってきましたが、今後はもっとほかの製品についても知識を広げて、仕事の幅を広げていきたいですね。特に今後社会的にも需要が高まっていくハイブリッドカーや電気自動車用の高電圧ヒューズ(EVヒューズ)は、しっかり勉強しておこうと思います。
大学時代は英語を学んでいたので、ゆくゆくは海外にもPECの製品を売っていきたいとも考えています。まだ、自分のスキルがそこまで至っていないと思いますが、この会社は今後の希望などを聞いてくれる仕組みもあるので、スキルアップできてきたら挑戦したいですね。PECは、やる気さえあれば、若手や女性であっても責任ある仕事を任せてもらえる会社。機会を活かして成長して、お客様や同僚のみんなの役に立てる営業になることが目標です。

同僚からの感謝の言葉に力をもらっています同僚からの感謝の言葉に力をもらっています
同僚からの感謝の言葉に
力をもらっています
早瀨亮平
製造技術部門 生産技術部 生産技術課 生産技術1係
幼い頃からクルマが好きで自動車関連の仕事を目指し、岐阜高専 機械工学科を卒業。2013年入社。1年間の管理部勤務を経て現職。休日は地元の草野球チームで汗を流す。
ゼロから設備を立ち上げ製品を納品する達成感ゼロから設備を立ち上げ製品を納品する達成感
ゼロから設備を立ち上げ製品を納品する達成感

生産技術部で製品を作るための設備の導入や工程設計、今ある製造機械を使いやすいようにする改善を手掛けています。高専でも機械工学を専攻していて、学んだことを活かせる仕事に就きたいと考えていたので、今の部署はすごく自分に合っています。
とはいえ、学校で勉強したことと実際の現場は違いが大きいので、配属された当初はわからないことばかりでした。製造工程のラインを見るだけでは、ラインの中のセンサー1つをとってもどんな役割を果たしているのかはわからない。自分も実際に現場に立って、そのラインで作業する中で、ラインの配置やセンサーの位置などの意味が体感としてわかるようになりました。それもあって、極力、現場に足を運んで実際に機械に触れるようにしています。
そうやって現場に行くことで、作業者から実際のラインの中でどこが使いやすいとか、ここをもっとこうしてほしいという声を聞くこともできる。改まって「どこか使いにくいところはないですか?」と聞いても、なかなか本音を引き出すことは難しいですから。普段からコミュニケーションの機会を多くして、何気ない会話の中の「声」に耳を傾けるようにしています。この仕事は、何と言っても作業者が作業しやすいことが一番ですから。
ゼロから新規のラインを立ち上げて、設備が完成し、できあがった製品が納品されると、1つの仕事をやり切ったなという達成感というか安心感がありますね。そこで実際に作業をしている人から「新しい設備いいね」とか「作業しやすいよ」といわれるのが一番うれしいです。

お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役お客様と設計・製造の間に立つコーディネート役
若くてもチャンスを与えられ成長が実感できる職場

今、担当しているのは主にマルチスローブローヒューズのラインなのですが、これはPECの製品の中では製造工程が多いので、どのように設計したらスムーズなラインになるのか? どう流したら効率良く作業ができるかに気を遣っています。また、クルマがモデルチェンジすると製品自体も変わるので、ラインも製品に合わせて組み直したり、機械を改造して新しい製品に対応させる必要があります。
全く新規のラインを組むことは、1年に数回程度なのですが、5つのラインを同時にスタートさせることもありました。そのときは、かなりハードでしたね。ラインは組んで終わりではなく、実際に動かして確認して調整してという工程を繰り返すので大変です。でも、やり切った時の達成感は、その分大きかったですね。自分はまだ若手ですが、PECは、やる気さえあればそういう大きな仕事にもチャレンジさせてくれますし、そのフォローもきちんとしてくれる。わからないことがあれば、先輩に聞けばちゃんと耳を傾けてくれて必要なアドバイスやヒントをもらえます。そういうコミュニケーションが、部署を越えて気兼ねなくできるので、ここでやっていけば成長できるという実感がもてる。そうやって経験を積んで、ゆくゆくは海外の事業所でも仕事をしたいと考えています。そういう将来像を思い描けるのも、この会社の魅力だと思います。

無限の可能性を探究できる無限の可能性を探究できる
無限の可能性を
探究できる
子安邦明
研究開発設計部門 研究開発部 研究開発課 研究開発係
岐阜高専、豊橋技術科学大学を経て総合研究大学院大学 分子科学研究所博士課程前期を修了。2014年入社。EVヒューズの研究開発に携わり、休日はバイクや自転車でツーリングに行くのが趣味という乗り物好き。
やりたかった仕事に1年目から取り組むやりたかった仕事に1年目から取り組む
やりたかった仕事に1年目から取り組む

研究開発部でEV(ハイブリッドカー・電気自動車)用のヒューズを手掛けて2年になります。高専から大学、大学院とずっと工学系の研究をしてきたので、研究開発の仕事をしたいと思っていたのですが、入社を決めた時点では研究開発部という部署はなかったので、まさか1年目からやりたかった仕事ができるとは考えていませんでした。
今はヨーロッパ向けのEVヒューズのボディ素材の研究開発を手掛けています。ヨーロッパ向けの製品は熱に対する性能の要求が高いため、ボディにセラミックを使っているのですが、この素材は寸法の精度を高めることが難しくコストも高いのが課題です。そのため、耐熱性能は満たしながらも成型しやすく、コストも抑えられる素材や作り方を研究しています。大学院では物体の中で原子がどう動いているかという物理学の基礎研究をしていたので、こういうテーマは得意です。

自分で手を動かすことが研究開発にも活きる自分で手を動かすことが研究開発にも活きる
自分で手を動かすことが研究開発にも活きる

仕事に取り組む上で心掛けているのは、図面を描くだけでなく、自分で実際に手を動かして物を作ってみるということですね。同じ図面通りに作ったとしても加工方法によって仕上がりが違ったりするんです。例えば金属板に穴を開けるのでも、ドリルを使うとドリル自体の振れによって出口に近い側が少しだけ広がってしまったり、逆にプレスで開けると金属がちぎれる箇所があるので、その部分の表面がわずかになめらかでなかったりする。そうした加工方法の特性も把握した上で研究開発を行う必要があります。
もちろん、現場に図面だけ渡してサンプルをもらうこともできるのですが、自分で作ってみたいと言えば、その部署の先輩が機械の使い方なども丁寧に教えてくれるので、できるだけ自分でサンプルを作るところまではやるようにしています。そうして研究した素材によって「コストをこれだけ抑えられます」「作業時間を何秒短縮できます」と、正確に見積もれるようになってきました。
自分が手がけた研究の成果が、実際の製品に反映されるのは、やはりうれしいですね。ヒューズは電気の流れをコントロールするもの。自動車用に限らず、応用範囲の広い製品だと感じています。素材や技術次第では「切れないけれども過電流はシャットアウトする」ようなヒューズも可能になるはず。そんな可能性の広がりを感じながら、研究開発に取り組んでいます。

無限の可能性を探究できる無限の可能性を探究できる
学べる、成長できる
実感が得られる場
酒井謙吾
研究開発設計部門 設計部 設計2課 設計1係
豊橋技術科学大学大学院 工学研究科機械工学専攻博士課程前期修了。2015年入社。社内の各部門を回る研修を経て、設計部に配属。まとまった休みには国内外の旅行に足を伸ばす。
PEC独自の強みを持った製品を設計したいPEC独自の強みを持った製品を設計したい
PEC独自の強みを持った製品を設計したい

設計部に配属されて1年目で、まだ勉強中の身ですが、学びや発見の多い日々を送っています。大学院では工学研究科で、金属の素材と構造が、ぶつかった際の衝撃をいかに吸収するかという研究をしていました。昔から、プラモデルを作ったり、機械をいじるのが好きで、モノ作りに関わりたいと思い、工学研究科に進学しましたが、その中でも自動車関連の企業に勤めたいと思い、PECを選びました。
ヒューズという自動車には欠かせない製品で、国内だけでなく海外でも高いシェアを持っているのは、やはりこの会社でしか作れない物を作っているからだと思います。そんな製品を作ってみたい、設計したいというのが今の目標です。
製品を設計するうえでは、お客様が使いやすいことはもちろんですが、製造の際に作りやすいことも心がける必要があります。そのため、製造部門の先輩の話しを聞きに行くなど、作りやすい製品とはどういうものか? という勉強をしています。

自分が成長して行ける職場自分が成長して行ける職場
自分が成長して行ける職場

研修では、ブレードヒューズやスローブローヒューズ、EVヒューズ、金型などすべての部署を1カ月ずつ経験しましたが、工程を見て驚いたのがブレードヒューズ。金属とプラスチックのたった2つの部品で構成され、ここまでシンプルな製品はなかなかないと思いますが、お客様にとっても抜き挿しがしやすく、製造もシンプルで作りやすい。長年に渡る知見や製造のノウハウが凝縮されているのが感じられました。将来的には、そういうシンプルだけれどPECにしか作れない強みを持った製品を設計できたらと夢見ています。
まだ勉強中の立場ですが、日々感じているのは、この会社は部署を問わず、わからないことを尋ねやすい職場だということです。質問したことには、皆ていねいに答えてくれますし、例えば尋ねた先輩が知らない内容であっても「知らない」と言われるのではなく、誰ならわかるはずだという手掛かりを必ず教えてくれる。わからないことの多い身には、とてもありがたいですし、学ぶこと、成長して行くことが楽しくなる職場です。グローバルに展開している会社なので、自分が成長できた暁には海外でも勤務したいと考えています。

無限の可能性を探究できる無限の可能性を探究できる
様々な形のモノを
生み出す金型が面白い
本田和之
製造技術部門 金型部 金型課 金型1係
山梨大学工学部機械システム工学科卒業。2011年入社。金型の設計から試し打ち、取り引き先とのやりとりまでを担当し、試し打ちでは海外まで足を運ぶことも。休日に好きなバイクに乗るのが息抜き。
経験豊富な技術者たちに囲まれて経験豊富な技術者たちに囲まれて
経験豊富な技術者たちに囲まれて

自動車用の高張力鋼板やヒューズのエレメントといった金属部品をプレスする金型を作ったり、保全・調整する部署に所属しています。製品の形状に合わせて金型を設計し、ベースとなる主型を製作。量産用の型は協力会社で作ってもらう場合もありますが、試し打ちやその後の調整などは自分たちで行ないます。
いまの仕事の面白いところは、できあがりのカタチを実現するために、どんな金型にすればいいかを考えて設計図が描けた段階、その設計図に基いて金型ができあがった段階、試し打ちをして実際の製品が出てきた段階のそれぞれで「やった」という達成感を得られるところですね。それだけ、どの段階も大変だということでもありますが。
でも、試し打ちは一度で成功することは少なく、たいていはどこか調整が必要になります。どこに原因があるかを突き止めて対策を施し、調整し、それがうまくいった時が一番気持ちいいかもしれないですね。技術者としての経験が問われる部分ですが、ここにはそういう経験豊富な技術者が大勢いるので、そういう人たちからノウハウを勉強させてもらっています。

好きなものづくりに関われる職場好きなものづくりに関われる職場
好きなものづくりに関われる職場

経験豊富な先輩が多い職場ですが、自分のような若手にもきちんと仕事を任せてもらえるのが、この会社のいいところだと思います。配属されてまだ5年目ですが、2年目には設計をやらせてもらえましたし、3年目からはお客さんとのやり取りも任せてもらえた。そういう経験を積むという意味では、非常に恵まれた職場だと感じています。
仕事をする上で心掛けているのは、何ごともまず自分で考えるということです。わからないことは先輩に聞いてしまえば教えてもらえるのですが、それだと身に付かない。まずはどういうことなのか自分で考え、調べるという過程を踏むと、時間はかかりますが、忘れることはありません。
元々、ものづくりが好きで、学生時代も実習で旋盤や砂型を使って金属部品を作ったりしていたので、今の部署ではやりたかったことをやらせてもらえていると感じています。それぞれの個性を活かせる仕事をやらせてもらえるのも、PECの魅力だと思います。