よき隣人、よき企業市民であることを目指し、
地域貢献活動を展開しています。

私たちは地域に住まう一企業市民として、積極的に地域貢献活動を推進しています。特に本社のある大垣市では、地域のイベントへの参加やボランティア活動のみならず、豊かな自然環境を保全すべく、岐阜県ならびに大垣市と「企業との協働による森林づくり」協定を締結しています。

地域との交流

発明くふう展

一般社団法人岐阜県発明協会が開催する、優れた発明、作品を展示し表彰する「岐阜県発明くふう展」に参加しています。児童の部、一般の部、商標・社標の部があり、子供から大人、プロ、アマチュアを問わず大勢が参加する展覧会で、県内のものづくり活性化に一役買っています。

工場見学、インターンシップの受け入れ

ものづくりの現場をより多くの皆様に知っていただくため、大学や高校などの学生を対象としたインターンシップ(就労体験)や工場見学の受け入れを行っています。

大垣共立銀行アジア経済視察団受け入れ

2012年2月、大垣市の主要銀行である大垣共立銀行が主催するアジア経済視察団を、タイ工場で受け入れました。東南アジアに工場建設、あるいは市場開拓を検討する企業が多数来訪し、タイの市場性や現地事情を説明しました。

地域の小・中・高等学校に寄付

2015年5月、自動車用ヒューズ販売累計300億本達成を記念して、大垣市内の2工場が立地する地元の小学校、中学校、高等学校の3校に、それぞれ100万円ずつ、合計300万円分の教育機材を寄付しました。

地域環境保全

ボランティア清掃活動

大垣まつり開催中のゴミ拾いボランティアに、有志を募り毎年参加しています。また、定期的に各工場周辺のゴミ拾いを行うなど地域の美化活動へ全社を挙げて取り組んでいます。

太平洋里山の森

2009年より継続して、岐阜県大垣市上石津町内の「太平洋里山の森」において、里山づくり活動を推進しています。安全・安心で潤いのある生活空間を守るための森林整備や、里山を利用した森林環境教育の推進など、地域と一体となった総合的な里山づくりを行っています。

災害支援

東日本大震災 義援金

2011年3月11日に発災したわが国最大級の東日本大震災に際し、義援金を寄付しました。当社および太平洋精工労働組合が協賛し、社員に義援金を呼びかけ、総額315,000円をJAM太平洋精工労働組合の上部団体であるJAMを通して被災地の地方自治体に寄付。また、NHK岐阜放送局を通じ、義援金500万円を共同募金会に送りました。タイ工場においても募金活動が行われ、10,500タイバーツをタイ赤十字社へ寄付しました。
被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。

ネパール地震 義援金

2015年に発生し、死者・負傷者24,000人を数えたネパール地震の救援を目的に、日本赤十字を通じ、500,000円を大垣市役所へ寄付しました。
被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。

CSR